外壁塗装、屋根塗装の事なら府中の三商事へ

「安心」「満足」のための直接施工にこだわりました

私たち三商事は、東京都府中市のなかでも数少ない直接施工の外壁塗装店です。
従来はリフォームメーカーや工務店から仕事を受ける下請けとして仕事をしていくことが
一般的な外壁塗装店のスタイルでしたが、これには・・・

 

「利益を出すために施工品質の追求ができない」
「お客様のご要望が伝わりづらい」
「小回りが利かない」
「細やかなアフターフォローができない」

 

などのデメリットがありました。

 

だからこそ、私たちはお客様の顔が見える直接施工にこだわります。
当店のモットーは「お客様に安心してご依頼いただくこと」そして「お客様にお喜びいただくこと」。
明朗なお見積もりとお客様のことを真剣に考えた施工を徹底し、
「頼んで良かった」と思える外壁塗装店であり続けられるよう、これからも努力を続けていく考えです。

 

当店は地域に根ざした外壁塗装店ですから、
普段の暮らしのなかでお客様とお会いすることが本当によくあります。
そんなときにも「この前はありがとう」「またお願いするね」「最近はどうですか?」など
笑顔でお声掛けいただけるよう、お客様満足を大切にした施工を行っていきます。

 

三商事 代表  上神谷 裕治

 

住まいの塗り替えのお値段についてのお話

おそらくホームページなどでお調べになっている方、このページをご覧になっている方は、住まいの塗り替えにはじめて取り組もうとされていて、「高いのか、安いのか、いくらなのか見当もつかない……」といったお悩みをお持ちのことと思います。どちらかと言えば、住まいの塗り替えは高額な部類のものになると思います。

 

当店のお客様でお知り合いの方から「外壁だけなら20万くらいでできるのかな……」と質問された方がいらっしゃいます。
はっきり申し上げますと、一般的な住まいの外壁塗装のみだとしても「塗り替えたものが少なくとも10年は持つ」品質のものは、そのお値段ではできません。

 

反対に「何百万円もするもの」ということもほとんどありませんが、これは会社、業者ごとでそれぞれ条件が違いますので、まったくないとは言えません。
ただ、一般的な住まいの塗り替えにおいては、こんなに高額な金額を出さなくても十分に塗り替えは可能です。

 

「現場でつくり上げていく商品」だからこそ

住まいの塗り替えに関心のある方は、当然お値段にも関心をお持ちのことと思います。私も当然、一人の消費者です。購入したいものがあれば、「いくらなんだろう……」と値段を考えます。

 

ですが、一概に何坪の家はいくら、とは言えないのが塗り替えなのです。その理由は、それぞれの住まいにそれぞれの条件があるからです。

 

同じ坪数だったとしても、壁や屋根の面積が違うということも多々ありますし、住まいを構成している部材の質が違うケースもあります。塗る箇所の劣化の程度の違いもあります。傷み方が激しければ激しいほど、きれいにするには労力=手間=人件費や材料費がかかるのです。

 

テレビや冷蔵庫のように「でき上がった商品」をご提供するのではなく、「現場でつくり上げていく商品」をご提供するのですから、見積もりをする前から、はっきりとしたお値段をお知らせすることはできない……。これが、当店の考え方です。

 

価格競争が工事の質の低下を招く

これは、これから塗り替えをお考えの方にとって、まかり間違えば大きな失敗の原因になりかねないというくらいの重要なことですので、ことさら強く申し上げておきます。

 

それは「価格などのデータを公表することが価格競争を引き起こし、工事の質の低下を招く」ということです。

 

「一般の方々に少しでも多くの情報を差し上げたい」と思い、インターネットという不特定多数の方がご覧になる媒体で情報を公開するということは、同時に同業他社もその情報を仕入れられるということになります。

 

 

そうなると「あの業者はこの値段でやっているのか……ふむふむ。なるほど。じゃあ、ウチはもっと安くやってやろう!」という業者が現れるのは必定です。

 

「業者間の価格競争は消費者にとって良いこと」というのは、「でき上がった商品」の購買のみに当てはまることです。「現場でつくり上げていく商品」である塗り替えには当てはまりません。「現場でつくり上げていく商品」というのは言い換えれば、「現場でどうとでも安くつくり上げていくことができてしまう商品」でもあるからです。

 

ケーススタディー〜A 社と B 社の場合〜

たとえばここにある方が見積もりをとった A 社と B 社があるとします。今は、自社のホームページで値段を明瞭にうたっている業者も多いので、B 社は競争相手の業者が A 社と分かればその値段を調べ、B 社はそれより安い値段で見積もりを出してくることでしょう。そうなると今度はそれを知った A社が「B社がそんなに安く……じゃあウチも負けてはいられない」とばかりに、さらにそれより下げた見積額を提示します。

 

こういうことを繰り返していれば「価格そのもの」は安くなるかもしれません。ですが、A社にしろB社にしろ商売でやっていますので、自社の利益を確保しなければならず、そのためにお客様の一番の利益、望みである「きれいで長持ちしてくれる塗り替え」が阻害されてしまうほど、質の低下した塗り替えをせざるを得なくなってしまいます。

 

複数の業者から見積もりをとる場合

複数のお見積もりを複数の業者からとることは悪いことではありません。ですが、家電量販店でよくある「他店より高ければ、どうぞお申し付けください」のフレーズどおり、「○○電気ではこの値段って言っていたけれど、△△デンキさんはどうなの?」と話をしておいて、「△△デンキさんは、このくらいって言ってたけど、○○電気さん、もう少しなんとかならないですか?」というようなお買いものの仕方は、塗り替えのときは間違ってもしないようにしてください。

 

確かに安くはなります……。でも、お客様の塗り替えの目的である「塗り替えで住まいをきれいに長持ちさせたい」ということが叶えられない業者に巡りあってしまうかもしれないということは、知っておいていただきたいと思います。

 

複数の見積もりを複数の業者からとる場合は、「その金額はもちろん、特定の業者名を競争相手の業者に知られないようにすること」が大事です。行き過ぎた価格競争を業者間でさせてしまえば、最後に泣いてしまうのはお客様ご自身になってしまいますので……。

 

お見積もりをしていただきたいけれども……

インターネットでの情報公開は、たとえば今まで不透明だった塗り替えの値段が明瞭になるというように、一見良いことのように思われますが、不特定多数への情報公開である以上、それが悪い方向へ働き、かえってお客様にご迷惑をおかけしてしまうことにもなり得る……。
難しい部分ではありますね……。そして、これは当店の親方が常日頃から心配して申していることでもありました……。

 

当店ではそういった「条件ごとに金額が異なる」「価格競争を起こして工事の質の低下を招きたくない」という二つの理由、考え方から、今までニュースレターや資料、ブログやホームページなどには値段を明示していませんでした。というより、できなかったとも言えます。

 

それゆえに「お値段をお知りになりたい方はぜひ、お見積もりをしてみてください」と申し上げてきました。もちろん無料ですし、それをご覧になったからといって、必ずしも当店で工事をしなければいけないということもございません。そもそも塗り替えをする、しないを決定するのはお見積もりを申し込まれた方です。強要することは決してありませんので、ぜひご安心くださいとも申し上げてきました。

 

最大限のご提案を

当店では、お客様のお宅にお見積りにお伺いしたときに、住まいに対してどんなご心配があって、どこが気になっていて、どの部分の塗装をご希望なのかということは、当然のことながら、よくお伺いするようにしています。

 

その一方で、当店のお見積りのご提案の考え方として「塗装すべきところは一度の塗装時にすべてしたほうがいい」というものがあります。

 

その理由としてはいくつかございまして、
「周りがきれいになってくると、省いて塗らなかったところがだんだん気になってくるお客様が多い」ということや、
「あとからそこだけやろうにも、足場がないとできない」
「そこだけ別の機会に塗装しようとするとかえってコストの面で割高になってしまう」
ということなどからです。

 

それに、工事の進行中に「やっぱり、あの部分もやってみてはどうでしょうか」と追加のように申し上げるのもイヤですし、何よりお客様に「塗装が必要な状態だったのなら、最初に言って!」と思わせてしまうのも申し訳ないお話だと思うのです。
ですから、最初のご提案の段階から「塗装できるところ、また、したほうが後々まで心配なく維持できる個所はすべて塗装する」といういわば「最大限」でのご提案をするようにしています。こういった個所は主に「付帯部分」が対象になってくるのですが、この部分のお値段が入ってくると先ほどのお値段にプラスされてきます。

 

この部分は、それこそお住まいによって違います。付帯部分そのものの「有無」という違いもありますし、塗装を「希望する・しない」「現状の良し悪しによる手の入れ方の違い」「量的なこと」など、住まいによって条件が異なるからです。

 

“「最大限」でのご提案”をさせていただくことによって、お客様側の様々な事情から「この部分は今回は塗装しないでいい」というご判断となれば、それを差し引くということもできるわけです。

 

安心してご連絡いただければと思います

これも度々申し上げますが、お見積もりをとったからといっても、塗り替えをされるか否かは、100%お客様に決定権がございます。もし、今悩みの方で、こちらを読んでくださって、一歩踏み込んで実際のお見積もりをとってみようと思ってくださったのであれば本当にうれしく思います。なかなか伝わりにくい価格表示に対しての考え方の部分で、ご理解いただけることは本当に感謝です。

 

どうぞ、ご安心してご連絡ください。決して無理強いはいたしません。ご連絡いただいた場合は私、上神谷と営業の長坂でお伺いいたします。どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

 

 

当店のお客様のお声をたくさんご紹介しております。 長坂のブログは→ → こちらをクリックしてください

 

ぼくの思いを書いています!よかったら、こちらのサイトも読んでみてください! → → こちらをクリックしてください